【美容師さんに読んでほしい記事】お客様の「思ったより・・」を一緒になくしませんか?

【美容師さんに読んでほしい記事】お客様の「思ったより・・」を一緒になくしませんか?

 

江東区の亀戸にある美容室Opus(オーパス)の、お客様の髪と気分を”美にナビゲート”する、ヘアカラーアドバイザーの加邉(かなべ)です。

 

このブログで美容師さん向けに初めて記事を書きます。

 

書かなかった理由は、お客様に向けてヘアカラーのことを伝えたかったから・・

*一時期アメブロでは書いていました。

 

でも!今の僕には叶えたいコトがあるのであえて書いています!

 

それは、

 

 

髪色の失敗で悩んでいる

女性を全員救いたい!

 

 

そう心から思っているからです。

 

そして、

 

読んでくれた美容師さんに、

ぜひ一緒に手伝ってほしいのです。

 

 

他の美容室でカラーの失敗されて(正確には失敗されたと思い込んでしまっているのですが)困っている女性がOpusに多くご来店されています。

 

 

 

今回はハイライトの失敗で困っているお客様が、

 

 

どう感じているのか?!

 

そして、

 

何が”失敗”の理由なのか!?

 

 

実際にご来店されたお客様のケースを参考に、同じ悲しい気持ちのお客様を一人でも増やさないように!!

 

 

今回はすぐできるカウンセリングの

ポイントをお話しします。

 

 

長くなりすぎてしまうためブログでお伝えできることは限りがありますが、よかったら最後まで読んでくださいね(^_−)−☆

 

 

カラーを直してほしいお客様の共通点

 

それは、お客様から必ず

 

「思ったより・・」

 

という言葉が出るコト!

 

  • 思ったより明るくメッシュみたいでイヤ!
  • 思ったよりラインが太くてでイヤ!
  • 思ったより派手な印象になってイヤ!

 

どうしてそう思うのかな?というと、

 

仕上がりの共有ができてない!

 

お互いのゴールが違うんです。

 

だから!

 

美容室でカラーしたのに失敗された・・

 

そう感じて当然ですよね。

 

だってラーメン頼んだのにチャーハン来たらあなたも「アレ?」って思いませんか?

 

ワンメイクは問題ないのに、ハイライト等デザインカラーになると不思議と共有が難しくなるようです。

 

だからまず!ハイライトをするコトで

 

  • どれくらいコントラストがつくのか?
  • 2ヶ月後どうなるのか?
  • どんな印象に変わるのか?

 

「思ったより」でなくお客様に喜んでもらうために、この3つくらいは必要だなと感じています。

 

あなたのイメージしている仕上がりは、もっともっと言葉にしないとビックリするほど伝わらないのです。

 

「イヤイヤちゃんと説明してるよ〜!」と感じた方も、実は説明しているだけになってしまってお客様のOKがもらえていないこともあるようです。

 

「髪色を直してほしい!」と来てくれるお客様の声を聞いていると、そう聞こえてしょうがないのです。

 

カウンセリングでの【お客様の悩みを汲み取る】には、【お客様に素直に聞くこと】が一番重要に感じています。

 

例えば僕はカウンセリング中「今お話ししたことで何か不安なことや、わからないことはありませんか?」と聞いて確認します。

 

だってわからないことを積極的に自分から聞いてくれるお客様は、少ないですから(^_−)−☆

 

 

お客様はどうしてほしかった?

 

 

いつも通っている美容室で、ハイライトをお願いしたら

 

細くてわからない!

 

だから直してもらったら、

 

太くて目立ち過ぎ!!

 

 

「3回目はさすがに気まずい!」とのことで、Opusに遠くから来てくれたんですね。

 

<今回のカラー設定>

①施術は太いハイライトを細くなるように【N系5Lv:V系6Lv      9:1 】でハイライトを削ってラインを細くする

 

②シャンプー後に【ブルーアッシュ系9Lv】でワンメイク

*薬剤設定はあくまでこの場合のみ有効

 

でもハイライトがボツっ!と太くなってしまった原因はおそらく、

 

ハイライトと薬剤設定の

キホンを知らないから!

 

きっとそれだけ。

 

だって意外と「実はちゃんと教えてもらったことがない・・」という方も多いのです(^_−)−☆

 

これについては、的確なトレーニングが必要です!

 

逆に言えばトレーニングで解決するってことですよね!

 

 

あなたが変わる”きっかけ”をセミナーで提案します!

 

一例としてお話ししましたが、お客様が一番悲しいのは、

 

 

お客様と美容師の

仕上がりイメージのズレです。

 

 

だってズレたら

 

 

「これじゃ市販のカラーでやったほうがマシ!!」

 

 

そう思われても自然です・・

 

 

あなたはお客様の髪・髪色に

責任をもちますか?

 

 

素直に「どうですか?」と、お客様に聞くために、あなたに決めてほしいのです。

 

ぜひ一度時間をとって、自分の心に聞いてみてください。

 

 

そしてあなたが変わるきっかけ&サポートをしたい!!

 

 

だから、10/9(火)にセミナーにを開催します(^_−)−☆

 

 

共感してくれた方は、ぜひLINE から申し込んでください(^_−)−☆

 

もし最後まで読んでくれたお客様がいたら、嬉しいです!ありがとうございました!

 

 

 

 

 

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

詳しく知りたい髪色のことがある方は、

LINEで友達追加をして気軽に聞いて下さい(^_−)−☆

 

 

このブログを書いた僕のプロフィールです!初めましての方はぜひ読んで下さいね。
⬇︎     ⬇︎     ⬇︎    ⬇︎

 

(Twitterもフォローしてくださいね^^)

◼︎Instagram(僕のオススメの髪色、ぜひご覧ください!)

◼︎facebook(友達申請はメッセージを添えてお願いします!)

どれもフォローは気軽にしてください♪僕の投稿が、あなたのニュースフィードに出るようになります。

 

 

 

■Opusではスタッフを募集しています!

Opusに興味を持ってくれた方は、詳細はこちらから見てください。

まずはLINEで、僕に気軽に問い合わせしてくださいね^^

 

 

関連記事